みのりクリニック
HOME
施設概要
◆施設概要
◆クリニックの理念
診療案内
◆診療案内
◆予防接種について
◆院長・副院長紹介
◆スタッフの紹介
クリニックの特色と医療サービス
◆クリニックの特色と医療サービス
◆プラセンタ療法のご案内
◆リハビリ(鍼灸・マッサージ)についてのご案内
◆リハビリの流れ
◆骨粗鬆症検診についてのご案内
◆血管推定年齢測定についてのご案内
◆禁煙を始めませんか?
◆睡眠時無呼吸症候群の検査のご案内
こんな症状の時には
◆こんな症状の時には
お知らせ
◆連携病院について
◆Hibワクチンのお知らせ
◆併設介護施設オ−プン!
◆インフルエンザ予防接種について
◆麻しん(はしか)・風しんの予防接種(MRワクチン)のお知らせ
◆スタッフより一言
◆みのりクリニックスタッフ日記
採用情報

インフルエンザ予防接種について

■当院ではHibワクチンの接種を行ってます。


Hib(ヒブ)ワクチンは『Hib髄膜炎』という病気のワクチンです。
この『Hib』という細菌による感染で、肺炎、敗血症、『Hib髄膜炎』などの疾患を引き起こします。
特に『Hib髄膜炎』は最も頻度が高く、予後が悪い病気です。
多くの場合は、生後3ヵ月から5歳になるまでの子供たちがかかります。

年間600人の乳幼児が『Hib髄膜炎』にかかっています。
『Hib髄膜炎』にかかると発熱・頭痛・嘔吐・不機嫌・痙攣など風邪のような症状がみられ、そのうち約5%は死亡、約25%に後遺症がみられます。
また早期診断がついても、治療が難しくなっています。

●望ましい接種スケジュールは生後2〜7ヵ月で開始し
4〜8週間あけて3回、その1年後に追加接種1回の計4回です。

●生後7ヵ月を過ぎてからの接種スケジュールは以下の通りです。

接種開始年齢が7ヵ月齢以上 12ヵ月齢未満の場合
→初回免疫:通常2回
  追加免疫:初回免疫後おおむね1年後に1回

接種開始年齢が1歳以上 5歳未満の場合
→通常1回

<詳しくは受付にお問合わせください。>

 

COPYRIGHT(C) 2004- みのりクリニック ALL RIGHTS RESERVED.